スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回すごい広島 参加しました

2013.05.23.Thu.00:31
前日、StudyMailから通知が来たのですごい広島にふらっと参加してきました。

参加できるかわからなかったので、ノートPCは持って行ってなかったのですが、参加者6名中PCを持っていないのは私だけで、残りは全員MacBookという、異様なよくある光景でした。

そんなわけで、「すごい広島」ですが、内容としては、みんな集まって好き勝手にもくもくするのが目的です。
プログラマーというのは一人で作業していると、いろんな誘惑に負けてしまうため、みんなで集まってお互いに監視しつつ勉強したりプログラミングをする謎な行動をとるのです。

私は前述のとおりPCを持っていなかったので、ちょうど購入したばかりのITシステム開発という本を黙々と読んでいました。


読んだのは「要件定義」についての章。
自分が要件定義に加わるようなことは今までなかったので、勉強もかねて読んでいきました。

なるほどーと思ったのは

「要望が生じた理由を考えていくことでブレイクスルーが生まれ、別の要件に変えられる可能性があり、その要件のほうがシンプルなことが多い」(要約)


ということ。

自分自身、実装を行っていくうえで
 「なんでこんな仕様になってるんだろう。別の仕様にしたらもっと便利なのに」
と思い、PLに相談しに行くことがありました。

なので、自分が要件定義する立場になったら、「要望が生じた理由」について掘り下げていこう!と思った次第です。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。