スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四回すごい広島 参加しました

2013.06.12.Wed.21:54
今週もすごい広島行ってきました。

今週の目標はServersMan@VPSでJenkins氏が起動できるかいろいろ試す

Gitでいろいろ遊んだり、Redmine使ってみたかったりしたんですが、自宅PCはノートPCのみで、SSDの容量がぎりぎりなので、ServersMan@VPSのEntryを契約してみたのですが、ALMiniumのインストールでJenkinsも一緒にインストールしようとすると、途中でメモリ不足で失敗してしまいました。

ワンコインのEntryコースとはいえ、メモリが1GB保証だったので、余裕だろうと思っていたら、思わぬ罠です。


とりあえず、メモリ追加オプションなしでなんとかならないか、いろいろサーバーのメモリ容量をチェックしたり、無駄なサービスをチェックしたりしたのですが、いまいち分からず…

メモリを足せば動くのか確認するため、1GBの追加オプションを申し込んで再度トライすると、あっさりインストールが完了しました。


もしかしたら、一旦インストール完了したら1GBに戻しても実行できるのかなーと思い、1GBの追加オプションを解除しサーバーを再起動すると、うまくいったようで、jenkinsのページを開くことができました。

何かの拍子にメモリ不足で再起不能になる可能性はありますが…


・まとめ
ServersMan@VPSのEntryコースでALMiniumセットアップしてJenkinsのメモリ不足で悩んでいる方はひとまず1GB追加オプションを申し込んでみましょう。
もしかしたらセットアップ完了できるかもしれません!(保証はできませんが)
スポンサーサイト

第三回すごい広島 参加しました

2013.06.06.Thu.08:20
今週もすごい広島行ってきました。

今週の目標はWindowsのGit環境を見直すこと

MinGWだと日本語入力が出来なかったりしたので、そのあたりの解決策がないかなどを調べてみました。


まず、Gitは最新のものをインストールします。

インストール時、「改行コードの変換どうする?」的なメッセージが出てくるので、「変換せんといて」的な選択肢を選択しました。
一応、ローカルにコピーするときは自動的にLF→CRLF、ローカルからプッシュするときはCRLF→LFに変換してくれるらしいのですが、うまくいかなかったことがあったので、とりあえず勝手に変換されないようにしておきました。


インストールが終わると「Git Bash」のショートカットから"黒い画面"でGitの操作ができるようになります。

ただ、デフォルトの設定のままだと日本語が表示できないようなので、まずはMinGWの設定を変更します。
「MinGW 日本語入力」等で検索して、この辺りを参考に日本語対応を行います。
ただ、いつからか日本語入力はできなくなってしまったようなので、対応バージョンが出るまでは我慢するしかないようです。

あと、"黒い画面"でコミットログを書きたくない、マージもDiffも見たくないという方はWinMergeでDiffする方法もあります。

設定を行うと、[git mergetool] や、 [git difftool]とかで、自動的にWinMergeが起動して差分の確認ができます。

あと、私は標準のエディタも「サクラエディタ」に変更しました。

そのため、[git commit]でサクラエディタが起動し、コミットログを書き込んで保存すればコミットできるようになりました。



ちなみに、「すごい広島」はMacBook率が非常に高いです。
MacBookじゃないノートPCは私だけです。なぜなんでしょうか。
t2pix_20130606-081140.jpg

広島 Git 勉強会に参加しました

2013.06.01.Sat.16:08
広島工業大学 Nexus21で開催された、広島Git勉強会に参加してきました。

現在GitHub Flowを体験中です。


とはいえ、前から某ruby kajaの陰謀で、「すごい広島」はGitHub Flowで運用されていました。

今まではリポジトリの操作をSourceTreeで行っていたので、今回は黒い画面でポチポチ打ちながら、

ッターーーーン

とやって行きます。



では。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。